What's Implant インプラント治療簡単ガイド
  •  ホーム
  • レンタルオフィス・貸事務所

レンタルオフィス・貸事務所

▼音量調整回路には可変抵抗体を持った抵抗器を使う

音量調整回路に必要不可欠なのが抵抗値を変動させられる抵抗器である。内部にスライダーを持った抵抗体を持っており、簡単に抵抗値を変えることができる。

これらの可変抵抗器には端子が3つあり、通常は中央の端子と、左または右の端子の2つを使用する。

左の端子を使用している場合には、軸を左に回すことでだんだん抵抗値が小さくなっていき、回しきった場合に抵抗値が0になる。右の端子を使用した場合はこの逆になる。

可変抵抗器にはスイッチを持ったものもあり、この場合はカチッと音が鳴るまで回し切ることで電流を遮断することも可能だ。用途に応じて購入しよう。

おすすめリンク

銀座ビジネスセンター
http://www.ginza-bc.co.jp/
レンタルオフィスはここ
東京都中央区銀座風月堂ビル5階の銀座ビジネスセンター。
24時間365日、万全のセキュリティ対応を実現


エグゼクティブオフィス銀座
http://www.eosjapan.com/
レンタルオフィスはここ
東京都中央区銀座6丁目6番1号銀座風月堂ビル3階のエグゼクティブオフィス銀座。銀座駅至近の抜群の立地!


http://www.ginzabc.com
レンタルオフィス東京の銀座ビジネスセンター
東京都中央区銀座6丁目6番1号 銀座風月堂ビル5Fにある